読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S25–Ramone。

おしゃべり&お絵描きブログ。

窓。混ぜ〜る。

っっ混ぜてますか。

英語で言うとMIX。ツブツブのヤツはミックスベジタブル。

 

本日もこのようなブログにお越し頂きまして、ありがとうございますっ。

さて。

当ブログは、ちょ〜しょーもないブログです。

&

ちょーーーーどーしょもないブログですっ。

そして本日はちょっといつもより

下らないかもしれません。ながくだらない

 

閲覧者様方のプラスになるような要素は一切ございませんっ。

しかし。たわし。←これは書いてみたかっただけです。

冒頭から感づかれた方もいらっしゃるとは思いますが、

閲覧者様の大事な時間をじわじわと蝕んでゆく要素は満載しております。

その上。

バカげたことばかりしか記載していませんので、

 

お時間に余裕のある方。や 本日有給休暇を取得された方。

左の頬を打たれたのに、誤ってお尻を出しちゃった方。

「あ。だいじょぶ。だいじょぶ。それ私っとくから。」

「帰ってだいじょぶだよ。」

ーお先に失礼しますー

「ぢゃぁ今度キャラメルマキアートおごりだぞっw」

って言っちゃうような性質の

私のような弱者に非常に優しい方のみ閲覧をお願い致しますっ。

 

なんか。

文句ばっか言う方。

他人のミスにつけこみ、徹底的に断罪することを喜びとしている鬼畜

バレンタインに抱えきれないほどのチョコと愛の告白を受け取ったヤツ。

 

【閲覧禁止】とさせて頂きますっっ。 

んで、ちょ〜長下らないので、

そこんトコ。ふまえた上で おねしゃス。

 

 

 

・・・えっと。・・なんでしたっけ?・・。

 

 

 

 

・・・あっ。 混ぜる。 まぜる。 マッゼーールっっ!

混ぜ混ぜですよ。マゼマゼ。

 

人類普遍のテーマ。全人類が永遠に追い求めるMIXっっ。

 

ほらっ。水っ。

水なんてほらっ。生命活動を維持するのに絶対になくてはならないっ。

そんな大事な水だって、

水素と酸素が混ぢってH2Oになっているワケですし。

 

食。

料理だって常に食材と食材を混ぜ合わせて、上質で美味な料理に仕上げて

いくワケぢゃあないっか。

 

『本日のシェフの気まぐれパスタ』だってシュリンプとルッコラ

混ざってるし。

そして、そして。

さらにシェフの愛情だって混ざってるかもしれないぢゃぁないっか。

 

隣の奥様の、あの派手なキラキラのアクセだって

混ざり物だらけですよっっっ。

 

何かと何かを混ぜる。 

AとBを混ぜ合わせる。

人生は混ぜる。

混ぜると言う行為が森羅万象の根幹であります。

 

 

「混ぜる」という神聖なる行いによって

そなた達の人間界が成り立っていると言っても過言ではない。

 

 

 

 

ぞよ。

 

ん〜〜〜。

ところで。ところで。

ケンタウルスってご存知でしょうか。 ケンタウルス

混ざり合っている生物ケンタウルス

混ぜモンの象徴。ケンタウルス

 

あれっ。ケンタウロス? 

・・・・・・いやっ。ケンタオロス?

んっっ。ウラジオストク

 

えっっ。ケンタキリタニ?

 

・・まぁいいや。解んなくなっちゃった。

 

えっと。ご存知ですかねぇ。

半人半馬。獣混じりのケンタキリタニ ケンタウルス

 

その風貌としては、

こっちからこっちが人類的(おっさん)

 

そんで、ほらっ。見てください。

ココからこっちが四つ足の馬(野生)

そんな2種類の生命体が入り混ぢった どっちつかずの神獣。

そんなイイトコ取りの神獣。 マゼマゼ界の英雄。

熱狂的なファンも多いと思います。

「あっ。あれケンタくんぢゃないっ?」「ケンタくんっ」

「一緒に写真撮ってもらってもイイですかぁ〜♡」

とかね。

 

・・・・・・・。

 

まぁ。2種の生物が混ざってるんで、やっぱりどっちかの不足分を補って

片方の能力を最大限に発揮している感じですよねぇ。不足分。

 

馬側の立ち位置から言わせてもらうと。ほらっ。

四肢がね。

大地を踏みしめているワケですよ。草原とかの大地を。

いっつもビクビクしながら

外敵に襲われてもすぐに逃れられるように警戒してるんですよっ。

いつでもトンズラできるように4本足で。

 

出来ないぢゃぁないっスか。馬だと。不便ですよっ。

毎回、毎回、出来ないコトに思い悩むワケですよっ。

馬達は。

 

 

 

 

 

 

マリオ。 スーパーマリオ

 

 

やりづらいですよね。馬だと。

ほら。

持ちづらいぢゃぁないか。コントローラー。

地表に置いて、こうやってっても

ほらっ。

ココでいっつもクリボーにやられちゃうんスよっ。

 

そいでほらっ。

3回に2回っくらいはポーズ押しちゃうんスよっ。 

まいっちゃいますよねぇ。

 

だから、神的なポジションに居る、あの例のヒゲ面の天上界の何者かが

上半身(おっさん)を馬に与えたんですよねぇ。

そうすっコトによって、長年抱え続けて思い悩まされていた

馬達のマリオプレイという悩みを

解消できたんですよねぇ。ケンタウルスになるコトによって。めでたしめでたし。

 

さて。

さて。さて。馬側の不安要素は解消されました。

ケンタウルスとなった

上半身部の人類側(おっさん)から見るとどうでしょう。

 

今でこそおっさんとなってしまった彼ではございますが、

小さい頃もあったんですよっ。彼(おっさん)にも。

 

小学生のマラソンでは毎回ビリっケツのおっさん(ケンタキリタニ)。

いっつも残念な想いを抱えて小学校で過ごす彼(ケンタキリタニ)。

そのビリネタで執拗にいじめてくる

イジメっ子のガキ大将(ショータマツダ)とその取り巻き(ガクハマダ)

 

今日も先週末の運動会。

マラソンでした。

 

案の定ビリが確定してしまい、クラスに大逆転敗訴を与えてしまった

桐谷健太少年。

肩を落として帰路に着いたのでございます。

 

ドコモショップの角を曲がると。

ほら。待ち構えておりました。

 

松田少年。濱田少年。

「おいっ。」「待てよっっ」

「・・・・」

「おいっケンタっ。オマエわかってんのかよっ」

「そうだ。そうだ」「わかってんのかよっ」

 

「オマエのせいで大逆転されたんだぞっっ」

「そうだ。そうだ」「大逆転されたんだぞっ」

「・・・・・・・。」

 

「おいっ。なんか言ってみろよっっ」

肩を小突かれ、持っているリコーダーをはたき落され。

執拗にいぢめは続くのでございます。

 

しかし。

健太少年はへこたれません。

なぜなら彼は

そのような執拗な仕打ちに奇妙な角度で喜びを見出す

そっち系の性質を備えたチビっ子だったのでございます。

いぢめられるほどに、身体中がエレクトするほどの快感を覚え、

小突き回されるほどに、脳内で何かが頻繁にスパークする体験したことのない

快楽に身を溺れさすようになってしまったのでございます。

 

毎日、毎日、罵り、蔑み、小突き回す。

小学生時代は、それはそれは陰湿と変質な生活でございました。

 

やがて時は経ち、

少年だった彼らも成長し、社会の歯車と成り果て。

別々の道を歩み始めると、

それぞれに大きな壁が立ちはだかることとなったのでございます。

 

成長した

浜田岳(キンタロウ)は恩師の住む村へ続く唯一の橋が台風により

崩落してしまい、どうにかその橋を元通りに修復し直さなければ。

と思い悩んでおりました。

 

同じ頃、松田翔太(モモタロウ)も強大な敵を討ち滅ぼすべく、

鬼ヶ島へと旅立つ準備を行っておりましたが、たった一人で立ち向かうコトに

不安を拭えないのでございました。

「よぅ。久しぶり。」

「あっ。金ちゃん」「何してんの?」

「それがさぁ〜・・・」

 

そこへ偶然、猿、キジ、犬、クマ、亀を引き連れた浦島太郎(桐谷健太)が

通りかかります。

 

「あっ」

「あいつっ。鈍足のケンタっ!」

 

 

「あっ❤︎」

桐谷健太の脳髄に過去に2人から受けた快楽が電撃となり、

身体中を走り巡ったのでございます。

 

「あっ。二人とも久しぶり〜❤︎」

 

「っんだよっ。俺たちはケンタなんかには構っていられねぇんだっ」

「俺は一人で村に橋をかけなきゃいけないし、

モモちゃんは鬼ヶ島に一人で行かなきゃ、なんだよっ」

「そうだよねっ。モモちゃんっ」

 

「あっ。ああ・・」

「・・・・オマエ何連れてんだよ。」

 

「よかったら〜❤︎」

桐谷健太(浦島太郎)はちょうど亀を助けてブラブラしていたところで

ございました。

足の遅い桐谷健太(浦島太郎)はいぢめられている亀に

異常なほど感情移入してしまい、

動物達にいぢめられていた亀を必死で助け出したのでした。

 

ちょうど

その亀をいぢめていたクマ・犬・猿・キジの4匹を保健所に処分してもらおうと

引き連れておりましたので、

 

クマを金太郎(濱田岳)に。

犬、他2匹を桃太郎(松田翔太)に与えたのでございます。

 

その動物達を使い、それぞれの大きなミッションに成功したことは

みなさまご承知の通りでございます。

 

この事件をきっかけに3人は仲良くなり、

3人一緒に行動するようになったのは

みなさまご承知の通りでございます。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

・・・・何の話でしたっけ?・・・・。

 

なんか2種類のものを混ぜまくって、変な動物を作ろうっ。

とか・・・そんな話でしたっけ・・・・?

 

とりあえず動物を混ぜる系のジャンル。

ってコトで。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

f:id:S25:20170311150756j:plain

 「ブレウィメンの音楽隊」

これはですねぇ。

今回、「混ぜる」というテーマを頂いて、

真っ先に浮かんだのがブレメンでした。

 

・・・

ご存知ですかねぇ。ブレーメンの音楽隊。

って

動物達が本来の目的を見失い通りすがりの小屋で幸せに暮らすお話です。

 

「混ぜる」っちゅーか「合体」の方が合ってるような・・・。

まぁ。いいぢゃぁないっスか。

 

ちゅーか。

今回の更新はちょっと書いてしまったら

なんか元に戻れなくなってしまいまして、

ネチョネチョな感じに仕上がってしまいましたっ。

ドコモショップの角を曲がると・・」あたりから、

私自身も薄々は感じていたのですが、もう。なんか突き進むしか無くなってしまったので・・・・。

スンマセン・・・。

今回は心やさしき閲覧者様方に怒られても仕方がないと反省いたします。

次回は頑張ります。

あっ。あと、表題はおっさん的な『アレ』ってだけなので、あんま関係ないです。

→ちゅーか書きたかっただけです。

 

それでは、本日もこんなに最後までおつき合い頂きまして

ありがとうございますっっっっ。

 

明日もきっと素晴らしい1日ですっっっっ!

<