読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S25–Ramone。

おしゃべり&お絵描きブログ。

読書感想文。

毎度ご訪問いただきましてありがとうございますっ。

さてっ。

またちょっと更新が開いてしまいましたっ。

 

風邪は治ったのですが、まだゴホゴホ中ではございますっ。

 

s25.hatenablog.com

 

なんかね。

が止まんないですよっ。

出したくない詰まった感じの咳が出るっ。

ってな症状ですかねぇ。

 

ほらっ。

ちょっとおかしくないっスカ?

声が。

なんかふとした瞬間に咳が出よるねんっ。

ほんま、かなわんなぁ。

なぁ。

なんかちょっとおかしいやろっ。

はっ。

これって声がおかしいんとちゃうわっ。

わてバリッバリの関東地区育ちやのに

おかしな関西弁つことるわっっっ。

 

・・・。

 

身体的には至って健康ですので(小声)

時間に余裕があったら私の強靭な健康を

道行く腰の曲がった老人達に

ちょこっとだけ¥300(税別)で売ったりしてる。

っちゅーくらい健康ですねぇ。

だけですよっ。が出るだけ。

 

まぁ。

症状的にはだんだんと緩やかになっている感じなので、

しゃっくりと同じでそのうち治りますかねぇ。

「病は気から」って言いますので、

「元気だって気から」ぢゃぁないですかねぇ。

 

さて。さて。

本って読む方いらっしゃいますか?

読書の秋ですもの。ねぇ。

 

へっ?

秋ぢゃぁないですねぇ。うっかり、うっかり。

まだ冬ですかねぇ。一周しないと秋になんないですねぇ。

あと灼熱の夏を乗り越えていかなきゃ。

ですもの。ねぇ。

まぁ。読書しましょう。読書っ。

 

★★注意喚起★★

常連様はご承知かとは思いますが、

当ブログは非常にしょーもない感じに仕上がっておりますので、

「読書感想文」と銘打っても油断できませんっ。

下らなすぎてイライラするかもしれませんっ。

「あっ。あたいのコトだね」

って思われる方は申し訳ありませんが直ちにご退出をお願いいたしますっ。

ケガしちゃうかもしれませんっ。     以上。

 

 

読書。

わたくしは紙媒体の本を読んでますっ。

大概の時間は本読んで過ごしてますねぇ。

・・秀才っぽく見せようと若干嘘つきましたっ。

 

んで、つい最近、

「その女アレックス」

を読了いたしましたっ。

 

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)

 

 

S・K・Iすると

面白いですよっ。アレックス。(先に結論言っちゃうと)

 

そんでネタバレしちゃうと

「アレーーーーーーーーックスっっっ!!」

ってな感じですかねぇ。

 

・・・・ん?。

ネタバレしてませんねぇ?

 

んと、

なんか「ドンデン返し」系のヤツで、

その「ドンデン業界」ぢゃぁ

有名な小説。

みたいなので、あんましバラしちゃっちゃぁ・・。

 

 

なので「ぼんやり」でネタバレすると

 

まずね。

誘拐事件が発生するんですよっ。

アレックス。

若い女性なんですけどね。

誘拐されちゃうんですよっ。

 

主人公のアレックスって ちょー美人設定ですっ。

この時点でワクワクが止まらなくって、

鼻血がちょっとだけ出ちゃったんですケド、

誘拐されちゃうんですよっ。アレックス。

 

ここで私が叫ぶんですよっ。

「アレーーーーーーーーーックスっっ!!」

って。

 

んで、

グレィディーの誘拐なんで

エロっぽい雰囲気ぢゃぁないですかっ。

あれっ。これって私だけ?うっちゃり。うっちゃり うっかり。うっかり

 

でもね。

エロくはならないんですよっ。残念ながら。あれっ。これって私だけ?

あっ。全裸にはされちゃうんですよっ。アレックス。

 

んで、右に 左に 逆に若干グロ系ですねぇ。微グロ。

わたくし、お変態の為、グロ系は全然だいじょぶなんですが、

そゆのが苦手な方はどうぞおっしゃって下さい。

わたくしが おやすみ前に

若干、やらかい表現で読み聞かせてあげられます。

¥280(税別) ドリンク付きだとプラス¥150。

 

ちょっと脱線しましたが、

こんな、美人が出てくる導入部紹介においても

「誘拐事件かぁ・・・あんま好きなジャンルぢゃぁないし

     あたしにゃぁ あんまりピンとこないわねぇ。」

 

って なる人でもだいじょぶ。だいじょぶ。

邦題をよく見てみて下さいっっ。

 

「その女アレックス」

そして表紙のイラストを見てみて下さいっ。

「アレックス」

文中ではちょー美人設定で、誘拐までされちゃうのに、

「そ・の・女」

 

「その女」呼ばわり・・・。

まぁ。そゆことですよっ。

ちょっとヤバいですっ。「その女」

 

んで、読み進めていくと当然ながら

2章へ突入しますが誘拐自体は変更なし。監禁誘拐。

あっ。警察が捜査しますっ。

警察が出てはきますが、生存者的な登場人物は少ないですっ。

死体多めですっ。

 

んで私たちは警察視点で捜査に加わるワケですよっ。

 

んで、こうなると読者様の「心構え」が変わってきますっ。

そーですっ。

あなたの「心構え」が変わってくるんですっ。

アレックスは主人公なんで、読者様は少なからずとも

共感心や、誘拐に対する同情などの気持ちが湧き上がってくると

思います。

 

でもね。

その気持ち。

言うなれば、

あなたのマイナンバーへの関心 

アレックスに対するあなた様の感情が変わってきますっ。

「ヤバくね?その女」って。

 

大丈夫。

怖がらないでっ。最初は誰でも怖いんですっ。

あなたが変わらなきゃ世界を変えることはできないですっっ。

さぁ。変わりましょうっ。

ほらっ。私の手をとってっっっ!

今日からあなたもトップブリーダーっ。

私と一緒に世界の壁を打ち破りましょうっっ!

「いくのよっ土佐丸っっ立派な土佐犬の魂を見せてやりなさいっ」

おやおや。闘犬ですか。

とっても立派に育ちましたねぇ。

 

・・・

 

って。

あなたの「トップブリーダーの仕事感」って間違ってませんか?

土佐犬ぢゃぁないと思いますよっ。

 

・・・・・。

 

って・・・なんの話でしたっけっ?

 

 あぁっ!?

アレックスっ。アレックスのお話でしたねぇ。うっとり。うっとり。

そーですっ そーですっ。

ブログ表題に「読書感想文」って綴っているので

トップブリーダー」の話なんかしちゃっちゃー

私の「トップブローガー」が疑われちゃいますねぇ。韻踏みましたっ。

 

アレックス。アレックス。

読者の気持ちが揺らぎまくる小説っ。

ってな感じですかねぇ。

あっ。

誘拐事件なのに人がいっぱい殺されちゃうんで

ご注意願いますっ。

あと殺害方法もグロ系ですっ。

 

 

まぁ。

ぼんやりしかネタバレできないので、

最初の誘拐事件。

導入部まで読んでちょっと珈琲なんかに口つけて

ちら。っと本の表紙なんか眺めちゃった日にゃぁ。

「誘拐事件って結構な事件が起こってんのに、

まだこんなにページがあるのね?どーなっちゃうの?」(紙媒体限定)

ってな具合になると思いますっ。

 

ドンデンですっ。ドンデン系。

監禁誘拐事件が起こってから長いですっ。

たくさん殺されちゃいますっ。

んで、どんどんと見ている角度と感じ方が変わってきますっ。

もちろんあなた様の。

 

多分「中ダレ」しませんっ。

 頑張って読み進めて下さいっ。あなたなら出来ますっ

さぁ。私の手をとってっっ。私と一緒に立派な「トップブ・・・

 

個人的な感想を言わして頂くと

やっぱり外国語通訳本なので

リズムがね。

 

リズム感がイマイチ。にっぽん的ぢゃぁないですねぇ。

あと名前ね。

アレックスよりミキ。とかね。さおりとかね。ミキプルーンとかね。

 

 

これをにっぽん語のリズムで書き上げたら

ちょーおもしろそうですっっ。

是非にっぽん語に噛み砕いて改訂発売して欲しいですっ。

ほらっ。最近話題の太宰治が大好きなあの先生に改訂希望ですっ。

あっ。火花は読んでませんっ。文庫になったら読みますっ。

 

そんで

前々からずっと思っていて、

「このアレ」を読了して非常に強く感じたのが、

森羅万象、全てにおいて「見方の角度」を変えると

正義が悪になり悪魔が天使になったりするんだなぁ。

って思いますっ。

 

ネガティブな角度で見える世界と

ポジティブな角度の世界。

両方とも同じくらい重要で同じっくらい薄っぺらい。

って思いますっ。紙一重ってヤツですっ。

まぁ。ネガポジ以外の角度も無限にありますが。ねぇ。

 

紙一重なんだから

どっちも自分自身でコントロールするコトができんぢゃねーのっ

って。

 

結論として

「元気だって気からっっっ」(力いっぱい)

本日はお絵描き無しで最後まで通してみましたっ。

わたくし、偏ってはおりますが、読書をするので、機会がありましたら

また読書感想文を書いてみたいと企んでおりますっ。

 

ここまでおつきあい頂きありがとうございますっ。

明日からもまた元気いっぱいですっ。→健康的な角度。

<